今日から資格をとり隊!

資格は人生の宝!専門的な資格から珍しい習い事まで、さまざま資格をライセンス隊長が紹介!

ドローン操縦士(パイロット)とは?仕事内容や年収、資格について解説!

ドローン操縦士の仕事、求人、年収、資格

ドローン操縦士(パイロット)とは、その名の通り無人航空機「ドローン」を操縦する技術をもってお仕事をする人のことです。対応分野は幅広く、その需要はどんどん高まっています。

【サンプル映像】※音が出ます!

 今回はこれからどんどん需要が伸びるであろうドローン操縦士について

  • ドローン操縦士の仕事・求人
  • ドローン操縦士の年収
  • ドローン操縦士の資格取得

 と、テーマに分けて紹介します。

 

 

ドローン操縦士の仕事・求人

ドローン操縦士の潜在市場

図:ドローン事業の潜在市場

ドローン操縦士と聞くとメディア事業による空からの撮影を連想しやすいですが、実は公共事業や農業といった現場に半分以上の潜在市場があると言われています(上図参照)。

  • 公共事業・インフラ・測量
  • 農業(農薬の散布など)
  • 輸送(商品の運搬、災害地への物資供給など)
  • 監視・警備・セキュリティー
  • メディア事業(航空映像または写真の撮影など)
  • その他(工事現場、点検、軍事)

技術が進歩していくにつれてドローン操縦士の需要は徐々に高まっていくと考えて良いでしょう。

 

ドローン操縦士の求人

ドローン操縦士の求人はこれから増えていくことが考えられます。その雇用形態も様々あり、

あなたの働きやすい方法を選ぶのが良いでしょう。

現状はネットで求人情報を探すことになりますが、以下のようなドローン操縦士専門の求人サイトで見つけるのが早いです。

 ※画像をクリックすると別サイトにリンクします。

 

ドローン操縦士の年収は?300万~1000万円?

ドローン操縦士の年収

ドローン操縦士の年収は一定しない?

ドローン操縦士という職種自体がまだ確立していないため、月収や年収は一定していないのが現状です。ただ、300万円~500万円が相場だとは言われています。

また、

  • 測量
  • 農薬散布
  • 空撮

など、どの分野でお仕事をするかによっても収入は変わってくることが考えられます。

一説によると技術力のあるドローン操縦士は、年収1000万円を超えるとも聞きます。需要に対して人が足りない業界でもあるので、あながち嘘ではないかもしれませんね?

ドローン操縦士の資格とは?

ドローン操縦士の資格を取る方法

ドローン操縦士には公的な資格はありませんが、国土交通省に登録・管理されている団体「ドローン操縦士協会(DPA)」から認定資格を取得することができます。

DPAが発行している資格は大きく分けて2種類。

  • 操縦士
    (回転翼3級、2級、1級)
  • インストラクター
    (回転翼3級、2級、1級)

 操縦士は「ドローンを扱える技術を持っていること」を証明する資格です。

インストラクターは「ドローンが扱えて、さらに人に教える(講習できる)ことができること」を証明する資格です。インストラクターの資格は上級者が取得できる資格になります。

 

それぞれに

  • 回転翼3級(レベル1・2)
    →目視できる範囲での操縦
  • 回転翼2級(レベル3)
    →目視できない範囲での操縦が可能。しかし人がいない無人地帯に限る。
  • 回転翼1級(レベル4)
    →目視できない範囲での操縦が可能。人がいる場所でも操縦可能。

と、段階分けされています。

DPA認定資格ドローン操縦士回転翼を取得すると、国交省への飛行許可申請の際に、10時間以上の飛行証明書及び各種技能&各種知識の保有証明書として活用することができます。

 

もしあなたがドローン操縦士になるなら、

  • 技術力
  • 信頼性

この二つがお仕事の分野や年収に大きく影響することでしょう。そのためドローン操縦士になるなら、ぜひ持っておきたい資格ですね?

ドローン操縦士資格の取り方

ドローン操縦士の資格は、ドローン操縦士協会(DPA)が認定したスクールで

  • 学科
  • 技能

それぞれの研修を受けて、スクールで確認の試験をクリアしたら認定証が発行されます。ダイビングの資格に近い仕組みですね?

ドローン操縦士資格を取るまでの流れ

画像引用元:DPA公式HP

ドローン操縦士資格取得までの期間

スクールに通ってから資格取得までの期間は、DPA認定スクールによりますが

  • 座学2日間
  • 実技2日間
  • 認定資格が発行されるまで:5営業日後

というのがオーソドックスなようです。トータル10日前後ですね?

ただ、実際はより技術に磨きをかけたり、専門性に特化したりすることを考えると、資格を取ったあとも練習ができるスクールを選んだ方が良いでしょう。

 

おすすめのDPA認定ドローンスクール「ハミングバード

ドローンスクールは徐々に増えてはいますが、今のところスクールを選ぶならこの「ハミングバード」一択で良いのではないか?と思います。

なぜなら、何から何まで充実しているからです。

 

  • 無料体験・説明会
    ※申し込む前に試しにドローンを飛ばす体験ができます
  • 世界最大級の屋内ドローン訓練施設(3000坪)
    ドローン飛行訓練のためだけに作られた訓練施設(東京青山校)
  • 最新技術への対応
    ★赤外線探査解析
    カラーボール発射
    ★HDカメラ空撮
    GPS活用
    ★探索レスキュー、他
  • 選べるコース
    フライトコース(12万円)
    ビジネスコース(20万円)
    空撮プロコース(45万円)

無料体験・説明会は、ドローン操縦士を検討中の人にとってはうれしいですね。

 

さらにハミングバードの大きなメリットは、多様な就職先の斡旋(あっせん)をしてくれることです。

つまりこのスクール一つで、

  • 技能習得
  • 資格取得
  • 就職や転職

をまとめてできるということです(幅広くドローン技術を生かすためのコンサルティングまでしてくれます)。

あなたがドローン操縦士になりたいと思っているなら、いきなりスクールに申し込むのではなく、まずは無料体験・説明会に参加してみても遅くはありません。

気になることは全部なくしてから、あなたのキャリアを始めましょう。