今日から資格をとり隊!

資格は人生の宝!専門的な資格から珍しい習い事まで、さまざま資格をライセンス隊長が紹介!

自宅でできるプリザーブドフラワーアレンジメント!作り方と必要なもの

レンジャー!ライセンス隊長だ!

 

プリザーブドフラワーって聞いたことあるか?こんなのだ↓

f:id:neutral-life:20170604162418p:plain

プリザーブドフラワー

 

他にも結婚式のブーケにもプリザーブドフラワーは使われたりするんだ 。

プリザーブドフラワーの特徴は、外観は生け花と変わらないのに、特殊な加工をして長く花の美しさを保てるところだ。

イメージしてみろ。もしも自分のチカラでプリザーブドフラワーを作ることができたらどうだ?

  • 玄関や部屋を飾れる
  • プレゼントとして贈ることができる
  • オシャレなディナーを演出できる

枯れない美しさがプリザーブドフラワーの魅力だ!レンジャー!

 

 

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワー

は好きですか? 

プリザーブドフラワーの「プリザーブド」とは英語のpreservedのことで、「保存された」という意味が適切でしょう。

つまりプリザーブドフラワーとは美しい花を美しいままの状態で保存したもののことを言います。生花の一番美しい時期に色素を抜き取り、特殊な加工を施しています。

特徴として花が枯れることがなく水やりの必要もないことです。ドライフラワーと違って

  • みずみずしさ
  • 花本来の美しさ

を保った見た目を長期間飾ることが可能です。

日本のような湿気が多い環境でも、長ければ5年は保存がききます。もちろんそれだけ長く保存できるプリザーブドフラワーを作るには特殊な技術と材料が必要です。

プリザーブドフラワーアレンジメントで準備するもの

市販されているプリザーブドフラワーを購入するのも良いですが、お花が好きなら自分で作りたいですよね?

「けど、プリザーブドフラワーってどんなものが必要かもわからない」

そこでプリザーブドフラワーを始めるのに必要なものをまとめました。

準備するものは大きく分けて4つ。

  1. 加工する生け花
  2. 花びらを加工するのに必要な薬品・材料
  3. 加工するためのキット・道具
  4. プリザーブドフラワーを飾る器

また道具などを広げるので適切なスペースを確保しましょう。

1.加工する生け花

f:id:neutral-life:20170611120156j:plain

加工に向いている花、向いていない花があるので注意。

プリザーブドフラワーに向いている花

プリザーブドフラワーに向いている花の共通点は花びらが厚いものです。

すぐ散りにくい花であることにも注目してください。

また美しさを引き出すためには鮮度の高い花を選ぶ必要があります。満開の花はプリザーブドフラワーに向きません。

6分か7分のまだ開き切らない花を選びましょう。

プリザーブドフラワーに向かない花

プリザーブドフラワーに向かない花は花びらが薄いまたはすぐ散りやすい花です。

これ以外にも「ひまわり」「百合」「ダリア」「カラー」のような花びらが大きいものは、加工が難しいため慣れない内はやめておきましょう。

 

2.脱水・着色・保存処理するのに必要な薬品・材料

f:id:neutral-life:20170611113426j:plain

リザーブドフラワーの特徴は長期間そのままの見た目を保てることです。そのためには薬品などの材料を使って脱水・着色・保存処理が必要があります。代表的なものをまとめました。

エタノール(消毒用でOK!)

エタノールは花の脱水・脱色のときに花びらを浸します。花の大きさによって購入するエタノールの量を調整しましょう。薬局でなどで売っている消毒用のエタノールでOK。

隊長からひとことエタノールではなくメタノールを使うこともあるぞ!しかしメタノールは口に入ると失明の恐れのあるアルコールだ!使用は慎重に。まあエタノールが無難ってことだな!レンジャー!

グリセリン

着色時にインクと一緒に使用します。加工した花の質感を保つ目的で使用します。

インク(着色液)

お花に色を着色する際に使用します。100円均一で売っているプリンター用の補充インクでOK。また万年筆のインクも使えます。絵の具は使えません。

隊長からひとこと:プリンター用インクには「染料系」と「顔料系」があるんだ!顔料系のほうが色落ちしないこともあってプリザーブドフラワーに適している!しかし今流通しているインクは染料系が主流で顔料系の入手が難しい。その場合は染料系でも着色できるぞ!レンジャー!

乾燥台 (網など)

エタノールに浸した花を乾燥させるときに使用します。

  • 花壇の猫よけ用のネット(おススメ!)
  • 紙コップ
  • 水切りネット

などを使って自分で台を作ることができます。

乾燥材(シリカゲルなど)

着色した花の乾燥スピードを上げるために使用します。一緒に密閉容器に置いておくと早く乾燥させることができるので、ぜひ準備しておきたいものです。

購入するのがもったいないという方はお菓子などに入っている乾燥材(シリカゲル)なども使えます。

 

3.加工するためのキット・道具

f:id:neutral-life:20170611112652j:plain

作業には市販でプリザーブドフラワー専用のキットを購入することをおススメします。

もちろん自分で準備できるものもありますが、特殊な液体などを使用するため普段の生活で利用しているものと混ざると思わぬ事故につながることがあるので注意してください。

ハサミ

生け花で使うハサミや先が細いものが使いやすいでしょう。下処理に使用します。

ピンセット

花は加工していく家庭で形が崩れやすくなります。そのとき細かい作業をするためにピンセットが必ず必要です。

ゴム又はポリ手袋

プリザーブドフラワーではアルコールを使用します。手荒れなどから手を保護するために手袋を利用しましょう。ただし細かい作業になることがあるので、あまりぶかぶかし過ぎないものを選んでください。

アルミホイル

花に加工液を浸透させる際に役立ちます。

密閉容器(タッパー)

仕上がりを綺麗にする為にはアルコールの蒸発を防ぐ必要があります。空気が漏れない密閉できるタッパーのような容器を準備しましょう。

新聞紙などの敷物

作業に入る前に特殊な液体によるテーブルの変色・色落ちをさけるためテーブルの上に新聞紙を敷きましょう。

キッチンペーパー

エタノールや水分をふき取るときに非常に便利です。

ワイヤー(針金)

プリザーブドフラワーには茎がありません。花を束ねたり支えたりするときに細いワイヤーを使用します。普通の針金でもできなくはありませんが、針金が見えると少し見栄えが良くないという欠点も。

そんなときはワイヤーには見た目を損なわないホワイト・グリーン・ブラウンの色がついたものを選ぶのがいいでしょう。

針金を切断するニッパーも一緒に準備してください。ただしくれぐれも針金の先でケガをしないように…。

4.花器

f:id:neutral-life:20170611113558j:plain

花を飾る花器は、プリザーブドフラワーの美しさをさらに際立たせるものです。花器のデザインがプリザーブドフラワーとケンカしないように注意。花の種類や色、プリザーブドフラワーを置く場所などを考慮して選びましょう。

花瓶のほか、フラワーベースやそこの浅いクレイなども使えます。贈り物にするならボックス型のフォトフレームなんかもオシャレですね。

 

プリザーブドフラワーを作る流れ

f:id:neutral-life:20170611124937j:plain

ここではプリザーブドフラワーの大まかな流れを紹介します。大きく分けると以下の4ステップです。

  1. 茎をカットする
  2. 脱水・脱色
  3. 着色
  4. 乾燥

プリザーブドフラワーは開始から完成まで1週間弱かかることがあります。ていねいに作ろうと思えば脱水・脱色・着色・乾燥に時間が必要だからです。

やっぱり良いものは時間をかけて作りたいですね。

1.茎をカットする

まず花を水に浸けながら、生花の茎を10cmほどの長さで斜めにカットします。斜めの切り口をそのまま水に浸けて30分~3時間ほど水分を吸わせます。

花が元気になったら。今度は茎の部分を花首から2~3cmほどでカットします。

2.脱水・脱色

脱水・脱色するために密閉容器にエタノールを満たし、そこにお花が全部浸るようにつけて1日放置します。

なぜ密閉容器に入れるかというと、エタノールはアルコールということもあり蒸発しやすいからです。

大体1日で脱色されますが、花の種類によって変わるので適度に確認しましょう。

3.着色

脱水が終わったら着色です。グリセリンとインクを準備しましょう。

まずグリセリンと水を1:2の割合で混ぜ着色液をつくります。

次に出来上がった着色液にお好みのインクを入れます。数滴ずつ入れて色を調整してください。

色のついた着色液ができたら花の茎の部分を着色液につけて3~5日置いておきましょう。すると花が自分のチカラで色を吸い上げてくれます。

隊長からひとこと:花をつけるまえに着色液を40秒ほど電子レンジで温めると、花が着色液を吸い上げる負担を減らすことができるぞ!置いておく間も人肌くらいに温めるのがポイントだ!レンジャー!

4.乾燥

花に色がついたら今度は乾燥させます。

まずは花を着色液から取り出してエタノールですすぎます。エタノールをスプレー容器に入れてもいいかもしれませんね。

その後キッチンペーパーで花全体の余計な水分をとります。

最後に乾燥材の入れてある容器に入れて2日ほど放置しておきましょう。

隊長からひとこと:早く乾燥させたいからと言ってドライヤーや直射日光の当たる場所に置くなよ!ゆっくり確実に歩くことが作戦成功の最重要ポイントだ!レンジャー!

 

完成した花はワイヤーなどを使って花器に飾りましょう。

 

本格的なプリザーブドフラワーを始める

レンジャー!ここで紹介したのはプリザーブドフラワーの大まかな流れだ。自宅にスペースがあればだれでもプリザーブドフラワーを始められるぞ!

しかしプリザーブドフラワーの本格的な技術を手に入れるなら、自分流だけではどうしても限界があるんだ…。

「もっとキレイな色を出せるようにしたい!」
「ワイヤリングでもっとアレンジしたい」
「人に送っても恥ずかしくないプリザーブドフラワーを作りたい」

そう考えているならプリザーブドフラワー教室に通うことも検討しよう!

もしも家に居ながらプリザーブドフラワーを勉強したいならこの鈴木紅紗のプリフラビギナーズ 自宅にいながらプリザーブドフラワーアレンジメントが学習てきるDVDを見ながら学習できるぞ!

DVDだからいきなり教室通うよりもカンタンに始めやすいぞ!

 

プリザーブドフラワー教室は全国でもまだ多くはない。技術を身につけたら自分で教室を開くのもいいかもしれないな!

 

ちなみに隊長は

・・・ 

 ・・・・

  ・・・・

 

 

花粉症だ!!!

 

 

プリザーブドフラワーは花粉がでないから助かる!レンジャー!